罪悪感なし!!バターと油で作るきのこマフィンもしっとり美味しい

マフィンを作るのに必要な油脂分であるバター。

カロリーがとっても気になりますよね。

バターを太白ごま油に変えて作るマフィンレシピも紹介しましたが、やはりバターの風味には勝てません。

しっとり感を残しながらも、でもバターの風味も欲しいなって方におすすめしたいのが、バターと太白ごま油を使って作るマフィンです。

これなら、バターだけで作るマフィンよりも罪悪感が軽減しますよね。

バターの風味を残しながらしっとり感も続くマフィンです。

バターと油で作るプレーンマフィン

【材料】6個分(直径7cm)
バター・・・45g
太白ごま油・・・30g
きび砂糖・・・90g
プレーンヨーグルト・・・大さじ1
卵・・・2個
牛乳・・・40ml
◎薄力粉・・・200g
◎ベーキングパウダー・・・小さじ2
◎塩・・・ひとつまみ
バニラオイル・・・5~6滴

(準備)

バター・卵・牛乳は常温に戻しておきます。
型にグラシンカップを入れます。
オーブンを190℃に温めておきます。
粉類をふるっていおきます。

【作り方】

  1. ボールにバターと太白ごま油、砂糖を入れて混ぜ合わせて、溶いた卵を少しずつ入れて混ぜます。
  2. 更にヨーグルトを加えて泡立て器でしっかり混ぜます。
  3. ◎の粉類の1/3を入れてサックリと混ぜ、半量の牛乳を入れて混ぜます。
  4. そこに更に粉類→牛乳→粉類の順番でサックリと混ぜ合わせていき、粉っぽさが残らないようにします。
  5. 型に生地を入れます。
  6. オーブンで20分焼けば出来上がり。

ポイント

生地は練らないように、できるだけサックリと混ぜ合わせていきます。
型からはみ出るくらいに盛るのがポイント。
熱源や機種によって焼き上がりに違いが生じるので、目安として調整して下さい。

甘いものが大好きだけど、ちょっとカロリーも気になるなぁ~って方にオススメのマフィン。

プレーンなので、中のフィリングも自由にアレンジ出来ます。

新しく出たクリスピータイプのOREOをトッピングするだけで、とってもオシャレになりますよ。

見た目がきのこ型でとっても可愛いので、おもてなしやプレゼントにもオススメです。

 

今回使ったのはこちら⇒ cottaオリジナルマフィン型(6個取)
こちらのマフィン型を使えば、もりもり盛ってアメリカンサイズの可愛いきのこ型のマフィンが焼けますよ。

傾斜がないので、イングリッシュマフィンも焼けちゃいます。

このマフィン型にピッタリ合う  グラシンケース 10F 白(約85枚入)も一緒にどうぞ!!

小さいサイズの cottaオリジナルマフィン型(12個取) もオススメです。

小さいサイズのマフィン型に合うのが⇒ グラシンケース白 5F (216枚入)

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る