今話題の万能すぎる太白ごま油を使ってみた!!

最近ちらほらと聞く太白(たいはく)ごま油を知っていますか?

ごま油ってちょっとクセがあったり、中華料理のイメージが強いですよね。

この太白ごま油は、サラサラっとしていてツンとくる香りもなく、生絞りの100%ごま油なのです。

そして、普段私達が使っているサラダ油よりも栄養価が高くて酸化もしにくいのです。

太白ってなに?

太白(たいはく)とは、古代の中国での金星のことなんですって。

金星は夕方や明け方に、他の星よりも明るく輝いて見えることから、生搾りのごま油もそんな金星にちなんで「太白ごま油」と命名されました。

太白ごま油の特徴

  • 常温で液体の為に準備に手間がかからない。
  • 油脂の中でもごま油は酸化しにくいので、高温加熱にとっても強い。
  • 時間が経っても、油っこくなりにくくて、油のしつこい匂いがない。
  • 乳化性がよいので他の食材と混ざりやすい。
  • クッキーはサクっと、スポンジケーキはふわっと軽く仕上がります。
  • 植物油脂はすべてノンコレステロールで、バターよりもカロリーも低くてヘルシー。
  • ごま特有のセサミンの抗酸化作用が注目されています。
お手頃価格の万能植物油で素朴な美味しさや軽さが魅力太白ごま油です。

これから暑くなる季節にもオススメです。

使い方

太白ごま油は、あまりごま油が得意ではない人も、無色・無臭なのでとても使いやすい油なのです。

サラダ油と同じ感覚で、中華や和風以外にも、お菓子作りや様々なお料理に使えます。

サラッとした口当たりで、素材の味を引き立ててくれます。

生のままでも食べられるので、ドレッシングにも使えますよ。

バターの代わりに使えば、ヘルシーにカロリーダウンもできるのでおすすめです。

太白ごま油でしっとりヘルシープレーンマフィン

時間が経ってもしっとりふわふわなマフィンです。

【材料】(マフィン6個分)

太白ごま油・・・60g
きび砂糖・・・90g
卵・・・2個
★薄力粉・・・200g
★ベーキングパウダー・・・小さじ2
★塩・・・ひとつまみ
牛乳・・・50ml
バニラオイル・・・5・6滴

【準備】
1. ★を合わせてふるっておきます。
2. 型にグラシン紙を敷いて、オーブンは190℃に予熱を開始します。

【作り方】

    1. ボールに太白ごま油ときび砂糖を入れて混ぜます。
    2. 1に溶いた卵を少しずつ入れて、バニラエッセンスを加えて混ぜます
    3. 2に★の1/3を加えてヘラでさっくり混ぜ、粉っぽさを少し残して半量の牛乳を入れて混ぜます。
    4. 続けて★→牛乳→★を加えて粉っぽさが無くなるまで混ぜます。
※ポイント
練らないように!さっくり混ぜ合わせます。

他、太白ごま油を使ったスイーツレシピの記事はコチラ
人参嫌いな子供がこのキャロットケーキで克服か!?

製菓用太白ごま油と、太白ごま油の違い

ふと気づいたのですが、コッタさんで買った太白ごま油には、製菓用と書かれていました。

この辺のスーパーでみた太白ごま油には、製菓用と書かれていなかったので、気になり問い合わせしてみました。

中身は全く同じ!!

製菓用としてでも使えますよ~と、分かりやすく表示したものが、製菓用太白ごま油 だそうです。

製菓用としても使えるという事が、あまり世間では広まっていないのでしょうか?

分ける必要があるのかなぁ~とも少し思いましたが、中身は全く同じだそうです。

さいごに

甘いデザート系マフィンや、おかずマフィンも好きですが、我が家の子供達は、ケーキもマフィンもシンプルな物が一番好きなので、

それなら、少しでも材料にはこだわってみたいと思いこのレシピに至りました。

難しい材料は使いませんが、本当に素朴なマフィンの美味しさを味わえる、体にも優しいヘルシーな私のお気に入りマフィンをぜひ一度お試しください。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る